2013年12月17日

仕事とフルマラソンの両立

やはり体脂肪率一桁台を目指しましょう。またそれが大変なんですが。
フルマラソンの練習方法は、坂道やコーナーなども練習します。
足首の関節も柔らかく。柔軟にしておくことが必要です。
体が硬いとけがの元となります。
高地トレーニングもありますが、自然と高地トレーニングになっているところは
心配しなくてもいいでしょう。
よく海外で練習する選手にいますね。
仕事とフルマラソンの両立はよほどの固い意志がないと誘惑に負けてしまいます。
食事制限や睡眠時間、筋肉トレーニングなどやらなければならないことが
山ほどあります。
グランドのトラック競技ならいいですけど、市街地を走るフルマラソンには
魅力を感じます。膝のけがが多く聞きます。
靭帯損傷や半月版損傷、筋肉断裂などフルマラソンによるけがはたくさんあります。
【関連する記事】
posted by fullmarathonpractice at 13:23| フルマラソンの練習 | 更新情報をチェックする

フルマラソン完走

まずは完走を目的ではなく疲れたら歩き、または休んでストレッチング
しながら走りましょう。
フルマラソン完走の練習方法は、ペース配分が大切で休んでいる時間を短くし
ましょう。
スクワット、バーベル、レックマジックなどまずは筋トレが必要です。
走る場所は街中よりも、河川敷など信号がないところのほうが
ペース配分がしやすいようです。私の場合は、週末に20キロから25キロ
走ります。
あまりペースを上げすぎると、仕事に差し支えますのでご注意ください。
フルマラソンは全国的に見ても多くどこかの県で毎月開催されています。
いまはマラソンブームですが、はずは自分の体重をしぼることから
始めなくてはなりません。
posted by fullmarathonpractice at 13:22| フルマラソンの練習 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。